上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
年末年始を東京から1000km離れた太平洋に浮かぶ東京都、
小笠原諸島・父島で過してきました。

私にとっては15年振りの小笠原、
夫とタマにとっては初めての小笠原です。

IMG_3490_convert_20100104091230.jpg

東京のこ~んな景色を眺めながら「船」で、ゆっくり出発。
小笠原へは「船」だけが移動の手段、空港のない島、小笠原へ
25時間の船旅です。

IMG_3612_convert_20100104091333.jpg

冬の海に揺れて揺られて、25時間後には真冬の東京から~
こ~んな景色の東京都「小笠原村」へ移動しています。

IMG_3603.jpg

IMG_3613.jpg

IMG_3560.jpg

この時期、小笠原では「ザトウクジラ」が見られます。

IMG_3553.jpg

今回、私達の旅の目的もクジラに逢いた~い!!でした。
クジラ、イルカに出会える事を期待して海へ出ます。

IMG_3525.jpg

美しい東京の海をボートで渡り

IMG_3521_convert_20100104091526.jpg

着いたのは「南島」
15年振りの南島は、記憶の島と全く変わらない美しい島でした。

IMG_3542.jpg

この日は前線の影響で波が高く、クジラを探しに沖へ
出る事ができませんでした。
南島の景観を楽しみ、父島へ戻ります。

大晦日の夜、
島では新年へのカウントダウンパーティーが開かれ
夜空に花火が上がっていました。

IMG_3583_convert_20100104092244.jpg

元旦の朝も前線の影響で海は大荒れ。
船を出す事ができません。
浜辺では「海開き」が行われ、
赤ちゃんウミガメの放流が行われています。


IMG_3568_convert_20100104092042.jpg

元旦にタマと夫は初泳ぎ。
ウエットスーツでシュノーケリングです。



IMG_3609.jpg

出航日、ウェザーステーションと呼ばれる高台へ上り
クジラの現れるのじ~っと待ちました。
出ましたよ~クジラ!!
写真は撮れませんでしたが、クジラの尾が碧い海から突き出る
瞬間を見ることが出来ました。

IMG_3626_convert_20100104092920.jpg

なごりおしいけれど出航です。
たくさんのボートが見送りに並走してくれ、
「いってらしゃ~い!」の声を掛けてくれます。
荒れてうねりのある海へ、ボートから見送り人が次々と飛び込み
「またくるぞ~」という小笠原への旅情をかき立てます。

帰りの船は大揺れ、船から降りて2日たった今もまだ身体が揺れています。
25時間の船旅は大変ですが、不便だから守られる美しい自然が
小笠原にはありました。

クジラがた~くさん現れる春休みに、また行きたいな~という
思いがつのるわが家でした。


IMG_3501_convert_20100104091426.jpg
↑父島の海岸線で見られる「枕状溶岩」

小笠原の島々は、島の誕生から現在まで一度も他の大陸と
つながったことのない「海洋島」で、島固有の動植物が多く見られます。
「オガサワラオオコウモリ」は、内地で見るコウモリの
イメージとは全く異なり、フライングフォックスという別名通り
キツネのような愛嬌のある顔を持つ大型コウモリで植物が主食です。


IMG_3593_convert_20100104092544.jpg
月夜の浜辺で出会ったカニさん。

IMG_3575_convert_20100104092322.jpg
父島の海岸は珊瑚がた~くさん打ち上げられています。
スポンサーサイト
2010.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://itukanijinohashide.blog49.fc2.com/tb.php/269-fece4c26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。