上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ひと夏、小淵沢で楽しく過ごしていたコースケ。

8月末のある日、いつものように散歩から戻り足を吹き上げていると
コースケの右前足裏の上部肉球(人のかかと辺り?)横に直径1cm位の
デキモノを見つけました。

急ぎ獣医さんで診察を受け、その場で細胞診も受けました。
1週間後に細胞診の結果がでましたが、悪性の可能性を否定できない。
という結果で、詳しく調べるためには患部を切除し病理検査に出すことが
必要ということでした。

セカンドオピニオンの診断を求め、診て頂いたところ
東京で設備の整った大きな病院で精密検査を受けるようにと
○度医療センターの紹介状を頂きました。

○度医療センターを受診した時に、セカンドオピニオンの医師から
「血管周皮腫の疑いあり」という紹介内容であったことを知りました。

○度医療センターでの病理検査の結果、軟部組織腫瘍(血管周皮腫)
診断され、四肢を残すために早期の切除手術が望ましいと言われ
ました。

セカンドオピニオン、サードオピニオンの先生方のお話を伺い
○度医療センターでの手術を決めました。

手術の前日夕方に入院、翌日午前中に手術が行われ、
術後すこし経って午後に面会に行きました。
ケージ点滴

手術の翌日には点滴が外れ、私もコースケのケージの中へ入れて頂き
30分ほどコースケと一緒に過ごすことができました。
ケージの中で

傷口の様子を見ながら1週間後に退院。
足は傷口が開きやすいので、家の中で安静にし、散歩はトイレ程度
アスファルトの上を歩くようにと指示を受けました。

足なので抜糸までは時間がかかりそうです。

血管周皮腫は、転移、再発の可能性が高いと伺いました。
これからの犬生、再発、転移を防げるようにストレス少なく
食事に気を配り、でものんびりとおおらかな犬生を全うできるよう
一緒に頑張りたいと思います。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございました。
支えて頂きとても心強い思いでした。
心から感謝申し上げます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

*あゆむ&コースケ*







スポンサーサイト
2013.10.23 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。