上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日訪ねた中川村の大草城址公園。
中央アルプスを背景に桜の咲く美しい公園でした。

その大草城址公園で、農家の方が苺を販売していました。
苺が新鮮で、あまりにも美味しそうだったので
4パック購入しました。


IMG_1287_convert_20090409150112.jpg

帰宅後、鮮度の高いうちにストロベリーソースを
作ることにしました。
ストロベリーソースは、いちごにハチミツとレモンを
加えて軽く煮詰めるだけ、とても簡単ですが
便利に使えます。

今回は、苺の鮮度が良く、たくさんのソースができました。
そのソースを水代わりに使い、練り上げて
苺パンと苺ベーグルを焼きました。

どちらも ほのかに苺の甘い香りのする
春らしくて美味しいパンとベーグルになりました。

IMG_1330_convert_20090409160359.jpg
これは苺ベーグル



たくさんできたソースは、小分けにして冷凍保存します。
使う都度の自然解凍で、色々な料理やデザートに使い
しばらくの間、春の香りのソースを楽しめます。


IMG_1322_convert_20090409150229.jpg
たとえば、<ストロベリーティー>

苺ソースを入れたティーカップに香りの良い
マリアージュフレールの紅茶を注ぎ入れます。
(今回はMETISにしましたがMONTAGNE D'ORなども)
紅茶の香りに苺の香りも加わり春いっぱいのお茶になります。

他にも、氷の入ったグラスに苺ソースを入れおいしい水を
注ぐだけで、子どもの好きな<いちご水>の出来上がり。


IMG_1325_convert_20090409151057.jpg


大人用にはシャンパングラスにソースを少し入れて
シャンパンを上から注ぎます。
今ひとつのお味のシャンパンがストロベリーの香る
美味しいシャンパンに変身します。

旅先で求めた食材で、旅行の後のお楽しみ。
今回は春の香りの苺づくし。
ゆったり、まったり~。


追記:
こつは、いちごをつぶさない。
煮詰め過ぎない。ことです。
スポンサーサイト
2009.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://itukanijinohashide.blog49.fc2.com/tb.php/71-87618065

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。